【レポート】Rd.5 FUJI 11号車 GT-R NISMO|SUPER GT2019

【レポート】Rd.5 FUJI 11号車 GT-R NISMO|SUPER GT2019

2019年8月3日(土曜日)

公式練習 (P14)8:50~10:25

天候:晴 : コース:ドライ 気温/路面温度:開始30度/35度、終了32度/43度

公式予選(Q1 14:50~15::05 P20)

天候:晴 : コース:ドライ 気温/路面温度: Q1開始時28度/31度 Q2終了時32度/40度

 

唯一の海外戦が終わり国内に戻ってきての後半戦1発目は富士500マイル。

レース距離が長い分獲得できるポイントも通常 より多くなる。富士スピードウェイは前回11号車が優勝している相性の良いコース。

ハンデウエイトは50kgと重たいが、期待は持てる。 走り出しは平中克幸から。

昨日原因不明のエンジンが始動しないトラブルが発生。メカニックが深夜未明まで掛かって原因を 突き止めこのセッションに臨む。
しかし、6周目にタイヤがおかしいとピットへ。左リアタイヤが何かを踏んでスローパンクチャーを起 こしていた。

レースウィークはタイヤの持ち込み本数が決まっているため、タイヤの評価をする前に1セット無くなってしまうのはかな りのマイナスになる。
マシンはアンダーにもオーバーにもなり、その後車高を下げたり、リアの足回りを調整したりしたが、バランスは ほぼ変化無く、セットアップも行き詰まってしまう。

その後安田と交代するがコメントはほぼ同じ。予選に不安の残すセッションになった。

予選1回目は安田が担当。約5分間ピットで待 機しコースへ。残り4分で15番手、 残り3分で22番手。

この時点でQ2進出 に赤信号が点る。 0138.842を計測するが、結局20番手で明日のグリッドが決定した。

 

 

平中克幸ドライバーコメント

今回の富士はコンディションとタイヤのマッチングが非常 に良くなくて、本来のパフォーマンスを発揮することが出来ず、予選も20番手と沈んでしまいましたが、レースはどう なるかわからないですし、距離も今回は長いのでしっかりと最後まであきらめずがんばっていきたいとおもいます。

安田裕信ドライバーコメント

今回富士は走り出しから本当に調子が 悪くて、そのままの流れで予選を行きました。
予選順位は凄く悪いのですが、決勝に向けてチームとミーティングして戦略を変えていくので、明日は頑張ります。

 

 

 

2019年8月4日(日曜日)

決勝 (P9)13:35〜

天候:晴/コース:ドライ 気温/路面温度:開始33度/51度、終盤28度/32度

 

梅雨明けの決勝日は昨日よりもさらに蒸し暑く、過酷な真夏のレースが切って落とされた。

静岡県警の白バイ9台、パトロールカー4台の先導で交通安全啓発活動のパレードラップが行われ、続いて1周のフォーメー ションラップで500マイルレースは平中からスタート。 早々に1回目のピット作業を行ったマシンもあったが、1周目は18番手でコントロールラインを通過。

杞憂したほど遅くはなく1 41秒前半のタイムをコンスタントに刻んでいく。しかし後方から来るNo2MC LOTUS7周目にパスされてしまう。 昨日もコメントしていたが、セクター12はさほど悪くはないがセクター3になるとトラクションが無く、前車に追いついても抜かす ところまでにはならない。22周目に1回目のピットを行い、安田を送り出していく。

安田も同じように141秒前半を刻みながら周回を重ねる。全車1回目のピットが終わった 時点で13番手までポジションをあげていた。

61周目に再び平中と交代するためにピットへ。 その6周後にNo38RCFがクラッシュしセーフ ティーカー(SC)が入る。

この時点で21番手。74周目にリスタートされレース再開。平中は141秒台とたまに40秒台にも入るタイムで淡々と周回を重ねる。

97周目にNo24がピットロード入口でエンジン から出火。98周目に再びSCが導入される。104周目のSC解除後に3回目のピット作業で安田と交代。

ピットアウトした安田の前には同じGT-R No56が走行。しかし周回遅れのマシンがブルーフラッグが振られてるにも関わらず5周に渡って全く進路を譲らず暖まりの良いタイヤを使ってNo56を攻略することが出来ず、その前 にNo7ASTON3台でバトルを展開することに。

全車が3回目のピットを終えると10番手まで 浮上。

138周目に最後のピット作業を行う。路面温度もスタート時よりかなり下がり始めていた。

再び平中に替わると、平中のペースは良く前車のNo4AMG6秒近くあった差を約10周で1秒差まで詰め寄る。

しかしペースを戻してきたNo4をパスするのは、セクター3のペースダウンが響きなかなか難しくそこへペースの落ちてきたNo61BRZも加わり、8位争いは1 秒差で3台のバトルが展開される。

160周目にNo4No61をかわし、161周目には平中もNo61をダンロップコーナーで攻略し9番手に。

SCなどの影響で最大延長時間が迫ってきたため500クラスの177周ではなく時間レースになり、162周目にチェッカーが振られ、9番手で貴重な3ポイントを上げた。

 

平中克幸ドライバーコメント

練習走行から苦戦が続いた週末でしたが、最後はチーム全員でなんとかポイント獲得の9位フィニッシュ出来たことはこの先のシリー ズ後半戦へ繋がったと思います。
次戦のAPではまた優勝争いができるように全力で戦っていきたいと思います。
応援ありがとう御座 いました。

 

安田裕信ドライバーコメント

</div >

苦しい中、チームの力でポイントを獲得する事が出来ました。
チャンピオンシップに繋がったので次戦も頑張ります。
暑い中沢山の応 援ありがとうございます。

 

藤井一三監督コメント

ハンディウエイトが効いているのか、上位に食い込むのが難しい状態でした。
しかし、ドライバーが上手にレースを展開しポイントゲットしてくれました。
残り3レース、狙って行きます。応援ありがとうございました。