GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website

NEWS

NEWS

【レポート】Rd.7 タイ 10号車 GT-R NISMO|SUPER GT2017

【レポート】Rd.7 タイ 10号車 GT-R NISMO|SUPER GT2017

10月7日(土曜日) 公式練習 10:00~11:35 天候:晴/コース状況:ドライ Pos.17 ノックアウト予選 1回目 15:00~15:15 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.8 ノックアウト予選 2回目 15:45~15:57 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.8 SUPER GT唯一の海外戦が行われる、タイ、ブリラムにあるチャーンインターナショナルサーキット。今年で4年目を向かえる。昨年も雨期の後半の時期に行われていたが、毎年スコールなどに見舞われることもなく開催されていた。 しかし今年はかなり不安定な気候の中、予選、決勝共に、ウエットタイヤを履くことになった。 公式練習前に行われた、前座レースの予選時に、今までチャーンインターナショナルでは経験したことのない程の雨が降りしきる。スコールのあとは、晴れ渡り、徐々に路面は乾いていく方向へ。 スタートは、富田 竜一郎。ウェット宣言も出され、ウエットタイヤを装着し、ピットを離れていく。OUT-INでマシンチェック。10時20分に吉田広樹と交代。吉田は違うマシンでの走行の経験はあるが、GT-Rで、このサーキットは初めてで、先ずは慣れることから。心配することはないようで、ドライ路面になったあたりから、再び富田へ。富田は昨年よりマシンのバランスは良いと話す。しかし、勝つためには、もっとセットを詰めていかないといけない。足回りを調整し、吉田へ。300クラスの占有時間に富田がドライブし、このセッションは終了した。 Q1を担当するのは富田。予選前にも、午前中の様なスコールが降り、路面を濡らし、今回はなかなか乾かない。ウエットタイヤでスタートし、計測2周目に1分41秒790で、暫定6番手。路面状況が刻一刻と変わり、3周目にピットへ入り、ウェットのNewタイヤを履き、再びタイムアタックを開始する。計測1周目に、1分40秒698のタイムで暫定3番手。最終的には、9番手でQ2に進んだ。(後に四輪脱輪車があり8番手) Q2担当は吉田。スタート前にまた雨が降り、路面を濡らす。ウエットタイヤでスタートし、スタビも調整し、吉田がアタックに入る。計測2周目に、1分41秒067のタイムを記録。Q1と同じく、3周目にタイヤを交換するためにピットへ。残り4分でアタック。計測1周目で、1分40秒013。これ以上は更新叶わず、8番手で明日の決勝はスタートすることが決まった。

10月7日(土曜日) 公式練習 10:00~11:35 天候:晴/コース状況:ドライ Pos.17 ノックアウト予選 1回目 15:00~15:15 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.8 ノックアウト予選 2回目 15:45~15:57 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.8 SUPER GT唯一の海外戦が行われる、タイ、ブリラムにあるチャーンインターナショナルサーキット。今年で4年目を向かえる。昨年も雨期の後半の時期に行われていたが、毎年スコールなどに見舞われることもなく開催されていた。 しかし今年はかなり不安定な気候の中、予選、決勝共に、ウエットタイヤを履くことになった。 公式練習前に行われた、前座レースの予選時に、今までチャーンインターナショナルでは経験したことのない程の雨が降りしきる。スコールのあとは、晴れ渡り、徐々に路面は乾いていく方向へ。 スタートは、富田 竜一郎。ウェット宣言も出され、ウエットタイヤを装着し、ピットを離れていく。OUT-INでマシンチェック。10時20分に吉田広樹と交代。吉田は違うマシンでの走行の経験はあるが、GT-Rで、このサーキットは初めてで、先ずは慣れることから。心配することはないようで、ドライ路面になったあたりから、再び富田へ。富田は昨年よりマシンのバランスは良いと話す。しかし、勝つためには、もっとセットを詰めていかないといけない。足回りを調整し、吉田へ。300クラスの占有時間に富田がドライブし、このセッションは終了した。 Q1を担当するのは富田。予選前にも、午前中の様なスコールが降り、路面を濡らし、今回はなかなか乾かない。ウエットタイヤでスタートし、計測2周目に1分41秒790で、暫定6番手。路面状況が刻一刻と変わり、3周目にピットへ入り、ウェットのNewタイヤを履き、再びタイムアタックを開始する。計測1周目に、1分40秒698のタイムで暫定3番手。最終的には、9番手でQ2に進んだ。(後に四輪脱輪車があり8番手) Q2担当は吉田。スタート前にまた雨が降り、路面を濡らす。ウエットタイヤでスタートし、スタビも調整し、吉田がアタックに入る。計測2周目に、1分41秒067のタイムを記録。Q1と同じく、3周目にタイヤを交換するためにピットへ。残り4分でアタック。計測1周目で、1分40秒013。これ以上は更新叶わず、8番手で明日の決勝はスタートすることが決まった。

READMORE

NEWS

【レポート】Rd.7 タイランド 11号車 MERCEDES AMG|SUPER GT2017

【レポート】Rd.7 タイランド 11号車 MERCEDES AMG|SUPER GT2017

10月7日(土曜日) 公式練習 10:00~11:35 天候:晴/コース状況:ドライ Pos.9 ノックアウト予選 1回目 15:00~15:15 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.11 ノックアウト予選 2回目 15:45~15:57 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.12 SUPER GT唯一の海外戦が行われる、タイブリラムにあるチャーンインターナショナルサーキット。今年で4年目を向かえる。昨年も雨期の後半の時期に行われていたが、毎年スコールなどに見舞われることもなく開催されていた。 しかし今年はかなり不安定な気候の中、予選、決勝共に、ウエットタイヤを履くことになった。 公式練習前に行われた、前座レースの予選時に、今までチャーンインターナショナルでは経験したことのない程の雨が降りしきる。スコールのあとは、晴れ渡り、徐々に路面は乾いていく方向へ。 スタートは、平中 克幸。ウェット宣言も出され、ウエットタイヤを装着し、ピットを離れていく。 車両確認、路面状況を確認しながら走行。しかし、シフトが弾かれると、平中から無線が入る。ピットに戻り修復を行う。 徐々に乾きだした路面状況もあり、ドライタイヤで走れる状況までに修復を完了させ、再び平中が走り始める。トラブルは解消され、セットアップを進めていく。Bjorn Wirdheimと交代し、セットの確認を行い、このセッションは、9番手で終了した。 Q1を担当するのは平中。予選前にも、午前中の様なスコールが降り、路面を濡らし、今回はなかなか乾かない。 ウエットタイヤでスタートし、計測2周目で1分40秒922のタイムで暫定2位。 他車は、新しいウエットタイヤに変更するマシンや、ドライタイヤに変更するマシンもあり、徐々に平中のポジションは下がっていく。 その後2周のアタックをするが、これ以上のタイムアップは望めないと判断。ピット戻ってくる。なんとか11番手でQ2に進出を果たせた。 Q2担当はWirdheim。スタート前にまた雨が降り、路面を濡らす。ウエットタイヤでスタートし、計測2周目に、1分40秒.995を計測しピットへ。ソフト目のウエットタイヤに交換し、コースへ。しかし、思ったようにタイムが伸びず、ベストを更新できない。結局明日の決勝は、12番手からのグリッドが決まった。

10月7日(土曜日) 公式練習 10:00~11:35 天候:晴/コース状況:ドライ Pos.9 ノックアウト予選 1回目 15:00~15:15 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.11 ノックアウト予選 2回目 15:45~15:57 天候:曇/コース状況:ウエット/ドライ Pos.12 SUPER GT唯一の海外戦が行われる、タイブリラムにあるチャーンインターナショナルサーキット。今年で4年目を向かえる。昨年も雨期の後半の時期に行われていたが、毎年スコールなどに見舞われることもなく開催されていた。 しかし今年はかなり不安定な気候の中、予選、決勝共に、ウエットタイヤを履くことになった。 公式練習前に行われた、前座レースの予選時に、今までチャーンインターナショナルでは経験したことのない程の雨が降りしきる。スコールのあとは、晴れ渡り、徐々に路面は乾いていく方向へ。 スタートは、平中 克幸。ウェット宣言も出され、ウエットタイヤを装着し、ピットを離れていく。 車両確認、路面状況を確認しながら走行。しかし、シフトが弾かれると、平中から無線が入る。ピットに戻り修復を行う。 徐々に乾きだした路面状況もあり、ドライタイヤで走れる状況までに修復を完了させ、再び平中が走り始める。トラブルは解消され、セットアップを進めていく。Bjorn Wirdheimと交代し、セットの確認を行い、このセッションは、9番手で終了した。 Q1を担当するのは平中。予選前にも、午前中の様なスコールが降り、路面を濡らし、今回はなかなか乾かない。 ウエットタイヤでスタートし、計測2周目で1分40秒922のタイムで暫定2位。 他車は、新しいウエットタイヤに変更するマシンや、ドライタイヤに変更するマシンもあり、徐々に平中のポジションは下がっていく。 その後2周のアタックをするが、これ以上のタイムアップは望めないと判断。ピット戻ってくる。なんとか11番手でQ2に進出を果たせた。 Q2担当はWirdheim。スタート前にまた雨が降り、路面を濡らす。ウエットタイヤでスタートし、計測2周目に、1分40秒.995を計測しピットへ。ソフト目のウエットタイヤに交換し、コースへ。しかし、思ったようにタイムが伸びず、ベストを更新できない。結局明日の決勝は、12番手からのグリッドが決まった。

READMORE

NEWS一覧ヘ

DRIVER BLOG

公式テスト

DRIVER BLOG

公式テスト

公式テスト

READMORE

AMG C43 4MATICステーションワゴン

DRIVER BLOG

AMG C43 4MATICステーションワゴン

AMG C43 4MATICステーションワゴン

READMORE

Driver blog一覧ヘ

TEAM BLOG

Rd7 ブリラム戦 予選・決勝(T ^ T)

TEAM BLOG

Rd7 ブリラム戦 予選・決勝(T ^ T)

Rd7 ブリラム戦 予選・決勝(T ^ T)

Rd7 ブリラム戦 予選・決勝(T ^ T)

予選Q2は、 10号車 8位 11号車 12位 と決勝用のウェットタイヤを温存する作戦で 難しいコンディションの中、 シリーズポイント争いには、 非常に厳しい状況となってしまいました。 11号車は、フリー走行開始直後から 前回レースウィークのセンサートラブルに続き 電気系トラブルに見舞われた事もあり、 悪い流れを引きずった形となってしまいました。 決勝は、スタート前、軽いスコールで ウェットスタートとなり 予選ポジション挽回のチャンスを得て 一時は、2台共に表彰台争いが出来る位置まで 来ていたのですが、 11号車は、ピット作業の際、 エアジャッキの差し口にトラブルが発生し、 10数秒の時間を失い後退 変化した路面コンディションとも相性悪く ペースを上げれず、最終的に8位となり、 チャンピオンの芽は、絶たれてしまいました。 10号車は、11号車とは違う作戦で戦い 表彰台争いの33号車の後ろ迄来た所でしたが 想定以上の速いペースと前車との争いもあり 燃費計算からズレが生じ、残り1ラップ ガス欠でストップ、18位となりました。 残り1戦で、チャンピオン争いには残れませんでしたが、W表彰台目指して頑張ります。 引き続き応援よろしくお願いします。

予選Q2は、 10号車 8位 11号車 12位 と決勝用のウェットタイヤを温存する作戦で 難しいコンディションの中、 シリーズポイント争いには、 非常に厳しい状況となってしまいました。 11号車は、フリー走行開始直後から 前回レースウィークのセンサートラブルに続き 電気系トラブルに見舞われた事もあり、 悪い流れを引きずった形となってしまいました。 決勝は、スタート前、軽いスコールで ウェットスタートとなり 予選ポジション挽回のチャンスを得て 一時は、2台共に表彰台争いが出来る位置まで 来ていたのですが、 11号車は、ピット作業の際、 エアジャッキの差し口にトラブルが発生し、 10数秒の時間を失い後退 変化した路面コンディションとも相性悪く ペースを上げれず、最終的に8位となり、 チャンピオンの芽は、絶たれてしまいました。 10号車は、11号車とは違う作戦で戦い 表彰台争いの33号車の後ろ迄来た所でしたが 想定以上の速いペースと前車との争いもあり 燃費計算からズレが生じ、残り1ラップ ガス欠でストップ、18位となりました。 残り1戦で、チャンピオン争いには残れませんでしたが、W表彰台目指して頑張ります。 引き続き応援よろしくお願いします。

2017年GAINERオリジナルキャップ再販決定!!

TEAM BLOG

2017年GAINERオリジナルキャップ再販決定!!

2017年GAINERオリジナルキャップ再販決定!!

READMORE

TEAM blog一覧ヘ

SCHEDULE

SCHEDULE RESULTSCHEDULE RESULT

RESULT

ROUND.4

GT300

AUTOPOLIS
QUALIFYQF

NO.11 17TH

NO.10 13TH

RACE

NO.11 1TH

NO.10 16TH

SCHEDULE NEXT RACESCHEDULE NEXT RACE

NEXT RACE

Round.5

GT300

FUJI
QUALIFY
2017.8.5
RACE
2017.8.6
SCHEDULE一覧ヘ

GALLERY

GALLERYGALLERY

2017.10.8 Rd.7 タイ 10号車 GAINER GT-R NISMO SUPER GT

GALLERY

2017.10.8 Rd.7 タイ 10号車 GAINER GT-R NISMO SUPER GT

2017.10.8 Rd.7 タイランド 11号車 GAINER MERCEDES AMG SUPER GT

GALLERY

2017.10.8 Rd.7 タイランド 11号車 GAINER MERCEDES AMG SUPER GT

buriramー1

GALLERY

buriramー1

コンテナ積み込み

GALLERY

コンテナ積み込み

GALLERY一覧ヘ