GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website

TOPICS

NEWS

NEWS

11号車、気迫の走りで今期初表彰台獲得!

11号車、気迫の走りで今期初表彰台獲得!

5月1日(土曜日) 公式練習[8:50〜10:25] 晴/ドライ/気温22度/路面温度:28度 サーキットサファリ[10:45〜11:00] 晴/ドライ/気温23度/路面温度:34度 ノックアウト予選 1回目[14:15〜14:30] 晴/ドライ/気温:25度/路面温度:39度 ノックアウト予選 2回目[15:00〜15:12] 晴/ドライ/気温:26度/路面温度:39度 今年もゴールデンウィーク恒例の第2戦富士500kmレースが、好天に恵まれた中で開催された。 開幕戦はポールポジションからのスタートだったが、路面コンディションとタイヤがあわず7番手でチェッカーを受けた。 マシンの戦闘力の高さは前回で証明済みなので、今回は必ず表彰台の一番高い所に登るべく気合いを入れて富士入りしていた。 練習走行の走り出しは平中克幸から。計測3周目に計測された 01'38.271がターゲットタイムに。マシンバランスは悪くなく、若干のアンダーステアが気になる程度。足回りを調整しBjorn Wirdheimと交代。このセッションは4番手のタイムで終了した。 Q1を担当するのはBjorn。 予選開始から5分間のウェイティングをしてからコースへ。 計測2周目に01'37.796をだし、3周目にセクターもタイムを縮めていた。しかし、ダンロップコーナー2つめに2号車MCが芝生にマシンを止めて赤旗が提示される。この時点で5番手。 残り5分間の予選時間が与えられるが、BjornはQ1突破を確認しマシンを降りる。その後上位5番手に割って入るマシンはなく、Q2に駒を進めた。 赤旗中断により若干のスケジュール遅れた中で、Q2は開始された。 少し時間をおいてからコースへ、計測2周目には01'37台に入れ暫定トップに。 翌周もタイムを縮めてくる。その後はタイヤの温存とこれ以上は更新できないと判断しピットへ戻ってくる。 タイム更新したマシンは31号車PRIUS、3号車GT-R、10号車GT-Rと3台となり、翌日の決勝は4番手からのスタートなった。 長丁場のレースなので、このポジションでも決して悪くない。 平中 克幸ドライバーコメント 前回の岡山に引き続き、セットアップも良い方向に行き、ラップ自体も凄く良く、マシンバランスも良かったので、自分の思ったとおりのアタックが出来ました。 ただプリウスとGT-Rが思った通りに速かったので、それを除いては、凄く良い予選だったのではないかと思います。 決勝に向けてのタイヤチョイスというのもあったので、そういった部分では決勝の方が自信はあります。良いレースが出来る感触は掴めました。 Bjorn WIRDHEIMドライバーコメント 今日の予選はポジション4と予想した結果だった。レースは長いので、決勝に向けたタイヤチョイスをしていたので、決勝ではチャンスは沢山あると思う。 表彰台の一番高いところに登る自信はあるよ。

5月1日(土曜日) 公式練習[8:50〜10:25] 晴/ドライ/気温22度/路面温度:28度 サーキットサファリ[10:45〜11:00] 晴/ドライ/気温23度/路面温度:34度 ノックアウト予選 1回目[14:15〜14:30] 晴/ドライ/気温:25度/路面温度:39度 ノックアウト予選 2回目[15:00〜15:12] 晴/ドライ/気温:26度/路面温度:39度 今年もゴールデンウィーク恒例の第2戦富士500kmレースが、好天に恵まれた中で開催された。 開幕戦はポールポジションからのスタートだったが、路面コンディションとタイヤがあわず7番手でチェッカーを受けた。 マシンの戦闘力の高さは前回で証明済みなので、今回は必ず表彰台の一番高い所に登るべく気合いを入れて富士入りしていた。 練習走行の走り出しは平中克幸から。計測3周目に計測された 01'38.271がターゲットタイムに。マシンバランスは悪くなく、若干のアンダーステアが気になる程度。足回りを調整しBjorn Wirdheimと交代。このセッションは4番手のタイムで終了した。 Q1を担当するのはBjorn。 予選開始から5分間のウェイティングをしてからコースへ。 計測2周目に01'37.796をだし、3周目にセクターもタイムを縮めていた。しかし、ダンロップコーナー2つめに2号車MCが芝生にマシンを止めて赤旗が提示される。この時点で5番手。 残り5分間の予選時間が与えられるが、BjornはQ1突破を確認しマシンを降りる。その後上位5番手に割って入るマシンはなく、Q2に駒を進めた。 赤旗中断により若干のスケジュール遅れた中で、Q2は開始された。 少し時間をおいてからコースへ、計測2周目には01'37台に入れ暫定トップに。 翌周もタイムを縮めてくる。その後はタイヤの温存とこれ以上は更新できないと判断しピットへ戻ってくる。 タイム更新したマシンは31号車PRIUS、3号車GT-R、10号車GT-Rと3台となり、翌日の決勝は4番手からのスタートなった。 長丁場のレースなので、このポジションでも決して悪くない。 平中 克幸ドライバーコメント 前回の岡山に引き続き、セットアップも良い方向に行き、ラップ自体も凄く良く、マシンバランスも良かったので、自分の思ったとおりのアタックが出来ました。 ただプリウスとGT-Rが思った通りに速かったので、それを除いては、凄く良い予選だったのではないかと思います。 決勝に向けてのタイヤチョイスというのもあったので、そういった部分では決勝の方が自信はあります。良いレースが出来る感触は掴めました。 Bjorn WIRDHEIMドライバーコメント 今日の予選はポジション4と予想した結果だった。レースは長いので、決勝に向けたタイヤチョイスをしていたので、決勝ではチャンスは沢山あると思う。 表彰台の一番高いところに登る自信はあるよ。

READMORE

NEWS

10号車、全てがパーフェクト!今年初優勝を飾る!

10号車、全てがパーフェクト!今年初優勝を飾る!

5月3日(日曜日) フリー走行[9:00〜9:30] 晴/ドライ/気温:20度/路面温度:26度 決勝[14:20〜] 晴/ドライ/気温:25度/路面温度:39度 昨日に引き続き快晴の中オンタイムでフリー走行は開始された。まずマシンに乗り込むのは千代。 マシンは若干のアンダーステアがあるが、3周目には01'38.696でセッションのトップにに。 次周にセット変更の為にピットへ。足回りを調整し3周計測してAndreと交代。このセッションは3番手で終了した。 今回も交通安全啓蒙活動の為に、6台の白バイと6台のパトカーがフォーメーションを組みパレードランが1周で行われた。 その後すぐにフォーメーションラップが開始され、500kmのロングレースがスタートした。 1コーナーではそのままの順位で消えていく。Andreは11号車Bjornに1周目にパスされるが、その後ポジションを落とすことなく周回を重ねる。 徐々にトップ4台が後続を引き離しに掛かる。4台の隊列は1秒から2秒の差で、力の差はそれほど感じられない。 まず最初に動いたのは10号車。23周目にAndoreから千代に交代する。千代も01'39台のタイムで安定した周回を重ねる。 41周目に全車が1回目のピット作業を終えた時点で、トップを走行し、2番手11号車とのビハインドは9秒。 3番手を走行している3号車のペースが速く、2番手が44周目に入れ替わる。 しかし、千代のペースは決して悪くなく、10秒あった差は、GT500のトラフィックの影響もあり、6秒程度まで縮められたが、安定したペースで最後のドライバー交代を60周目に行う。37周の長い周回を終え、Andreにハンドルを託す。 Andreのペースは1'38〜1'39のハイペースで後続との差を周回毎に広げていく。 75周目に全車2回目のピット作業を終了した時点で、再びトップに立つと2番手の31号車とは34秒と差を広げていた。 Andreはタイヤマネージメントと、燃費走行に徹しながら安定したペースで周回を重ねる。 残り10周を切ったあたりで、他車が落とした部品が、右フロントカナードに付着。画面に映ったときはヒヤッとさせられたが、部品はしっかりと刺さってたため、脱落することなく100周目にトップでチェッカーを受けた。 11号車は激しいバトルの末に3番手のポジションを獲得。これにより11号車、10号車2台揃っての表彰台が初めて実現した。 Andre COUTOドライバーコメント 素晴らしいパフォーマンスのあるTeamです。初めてのGT-RをGAINERで乗れた事は本当に素晴らしい結果をもたらしました。 開幕戦ではポールポジションを獲得し、500キロという長い富士のレースで勝てたことは本当にうれしい。 Teamもパーフェクトな仕事をしてくれました。勝てたことは夢のようです。本当に素晴らしいTeamです。 チャンピオンをGAINERにプレゼントするために、これからも全力を尽くします。 千代 勝正ドライバーコメント GAINERに加入して2戦目で優勝できたことはうれしかった。Teamスタッフの仕事は完璧で、Teamメイトのクート選手も素晴らしい走りで、富田選手も走ること以外で僕たち2名をすごくサポートしてくれました。Team全ての人に感謝したいと思っています。 レースは決して楽ではありませんでしたが、同じGT-Rの3号車が驚異で、3号車のタイヤもマシンも今回のコンディションに合っていたみたいてで、かなり強敵でした。 しかしタイヤバーストなど不運があり同じGT-Rとして複雑な気持ちですが、僕たちが勝つことが出来て良かったです。 Teamメイトの11号車GAINER SLSが途中で2位に上がったときは、Teamで1-2がいけるかなとは思いましたが、3号車に最後抜かれてしまい残念でした。でも表彰台には2台ともが立てた事は本当に良かったと思います。 今年初のGT-Rの勝利を手にすることが出来て本当に良かったです。応援ありがとうございました。 富田 竜一郎ドライバーコメント 今回自分は乗っていないのですが、チームとしての動かし方やドライバー2名の総合力、TEAMの力のすばらしさがわかりました。 車とタイヤの力が分かったので、次戦のタイは千代選手に替わって僕が運転するので、今回と同じような成績が残せるようになれば、シーズン通してかなりおもしろい戦いになるのではないかと思っています。 田中哲也監督コメント 10号車が優勝できたことは本当に素晴らしい。Team、スタッフ、タイヤ、スポンサー、と全ての努力のおかげで勝つことが出来ました。 シーズン序盤で勝って、そこで気を抜くとやばいので、そのあたりをきっちりしていきたいと思っています。 3号車はトラブルがなかったら、速いイメージがありましたし、そのあたりももっと改善していかないと、これで浮かれていたら駄目になってしまうので、気を引き締めなおしていかないと駄目ですね。

5月3日(日曜日) フリー走行[9:00〜9:30] 晴/ドライ/気温:20度/路面温度:26度 決勝[14:20〜] 晴/ドライ/気温:25度/路面温度:39度 昨日に引き続き快晴の中オンタイムでフリー走行は開始された。まずマシンに乗り込むのは千代。 マシンは若干のアンダーステアがあるが、3周目には01'38.696でセッションのトップにに。 次周にセット変更の為にピットへ。足回りを調整し3周計測してAndreと交代。このセッションは3番手で終了した。 今回も交通安全啓蒙活動の為に、6台の白バイと6台のパトカーがフォーメーションを組みパレードランが1周で行われた。 その後すぐにフォーメーションラップが開始され、500kmのロングレースがスタートした。 1コーナーではそのままの順位で消えていく。Andreは11号車Bjornに1周目にパスされるが、その後ポジションを落とすことなく周回を重ねる。 徐々にトップ4台が後続を引き離しに掛かる。4台の隊列は1秒から2秒の差で、力の差はそれほど感じられない。 まず最初に動いたのは10号車。23周目にAndoreから千代に交代する。千代も01'39台のタイムで安定した周回を重ねる。 41周目に全車が1回目のピット作業を終えた時点で、トップを走行し、2番手11号車とのビハインドは9秒。 3番手を走行している3号車のペースが速く、2番手が44周目に入れ替わる。 しかし、千代のペースは決して悪くなく、10秒あった差は、GT500のトラフィックの影響もあり、6秒程度まで縮められたが、安定したペースで最後のドライバー交代を60周目に行う。37周の長い周回を終え、Andreにハンドルを託す。 Andreのペースは1'38〜1'39のハイペースで後続との差を周回毎に広げていく。 75周目に全車2回目のピット作業を終了した時点で、再びトップに立つと2番手の31号車とは34秒と差を広げていた。 Andreはタイヤマネージメントと、燃費走行に徹しながら安定したペースで周回を重ねる。 残り10周を切ったあたりで、他車が落とした部品が、右フロントカナードに付着。画面に映ったときはヒヤッとさせられたが、部品はしっかりと刺さってたため、脱落することなく100周目にトップでチェッカーを受けた。 11号車は激しいバトルの末に3番手のポジションを獲得。これにより11号車、10号車2台揃っての表彰台が初めて実現した。 Andre COUTOドライバーコメント 素晴らしいパフォーマンスのあるTeamです。初めてのGT-RをGAINERで乗れた事は本当に素晴らしい結果をもたらしました。 開幕戦ではポールポジションを獲得し、500キロという長い富士のレースで勝てたことは本当にうれしい。 Teamもパーフェクトな仕事をしてくれました。勝てたことは夢のようです。本当に素晴らしいTeamです。 チャンピオンをGAINERにプレゼントするために、これからも全力を尽くします。 千代 勝正ドライバーコメント GAINERに加入して2戦目で優勝できたことはうれしかった。Teamスタッフの仕事は完璧で、Teamメイトのクート選手も素晴らしい走りで、富田選手も走ること以外で僕たち2名をすごくサポートしてくれました。Team全ての人に感謝したいと思っています。 レースは決して楽ではありませんでしたが、同じGT-Rの3号車が驚異で、3号車のタイヤもマシンも今回のコンディションに合っていたみたいてで、かなり強敵でした。 しかしタイヤバーストなど不運があり同じGT-Rとして複雑な気持ちですが、僕たちが勝つことが出来て良かったです。 Teamメイトの11号車GAINER SLSが途中で2位に上がったときは、Teamで1-2がいけるかなとは思いましたが、3号車に最後抜かれてしまい残念でした。でも表彰台には2台ともが立てた事は本当に良かったと思います。 今年初のGT-Rの勝利を手にすることが出来て本当に良かったです。応援ありがとうございました。 富田 竜一郎ドライバーコメント 今回自分は乗っていないのですが、チームとしての動かし方やドライバー2名の総合力、TEAMの力のすばらしさがわかりました。 車とタイヤの力が分かったので、次戦のタイは千代選手に替わって僕が運転するので、今回と同じような成績が残せるようになれば、シーズン通してかなりおもしろい戦いになるのではないかと思っています。 田中哲也監督コメント 10号車が優勝できたことは本当に素晴らしい。Team、スタッフ、タイヤ、スポンサー、と全ての努力のおかげで勝つことが出来ました。 シーズン序盤で勝って、そこで気を抜くとやばいので、そのあたりをきっちりしていきたいと思っています。 3号車はトラブルがなかったら、速いイメージがありましたし、そのあたりももっと改善していかないと、これで浮かれていたら駄目になってしまうので、気を引き締めなおしていかないと駄目ですね。

READMORE

NEWS一覧ヘ

TEAM BLOG

GT300 Rd2 決勝

DRIVER BLOG

GT300 Rd2 決勝

READMORE

GT300 Rd2 フリー走行

DRIVER BLOG

GT300 Rd2 フリー走行

READMORE

Team blog一覧ヘ

TEAM BLOG

決勝日フリー走行始まりました!

TEAM BLOG

決勝日フリー走行始まりました!

READMORE

平中克幸NEW YEAR PARTY2015

TEAM BLOG

平中克幸NEW YEAR PARTY2015

READMORE

TEAM blog一覧ヘ

SCHEDULE

SCHEDULE RESULTSCHEDULE RESULT

RESULT

ROUND.2

GT300

FUJI SPEED WAY

QUALIFYQF

NO.11 4TH

NO.10 3RD

RACE

NO.11 3RD

NO.10 1ST

SCHEDULE NEXT RACESCHEDULE NEXT RACE

NEXT RACE

round.3

GT300

CHANG INT. CIRCUIT
QUALIFY
2015.06.20
RACE
2015.06.21
SCHEDULE一覧ヘ

GALLERY

GALLERYGALLERY

Rd2 10号車(クート・千代勝正・富田竜一郎) 富士 GT300 優勝 01

GALLERY

Rd2 10号車(クート・千代勝正・富田竜一郎) 富士 GT300 優勝 01

Rd2 11号車(平中克幸・ビルドハイム) 富士 GT300 01

GALLERY

Rd2 11号車(平中克幸・ビルドハイム) 富士 GT300 01

Rd2 Gainer 富士 GT300 オフショット 08

GALLERY

Rd2 Gainer 富士 GT300 オフショット 08

Rd1_RACE 11号車 OKAYAMA_GT300 17

GALLERY

Rd1_RACE 11号車 OKAYAMA_GT300 17

GALLERY一覧ヘ