GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website
GAINER official website

NEWS

NEWS

GT300 11号車 Rd.8 ツインリンクもてぎ レースレポート&インタビュー

GT300 11号車 Rd.8 ツインリンクもてぎ レースレポート&インタビュー

決勝レース 11月1日(日曜日) 入場者数:33,000人 -フリー走行9:00~9:30 雨/ウェット/気温:14度/路面温度:15度 -決勝13:40~ 曇のち晴/ウェット・ドライ/気温:20度/路面温度:19度 昨日からの雨は残り、ウエット路面殿フリー走行が開始された。 しかし徐々に予報は回復方向にあるようで、雨も降ったり止んだりを繰り返していた。 走り出しはWirdheimから。様子を見がら周回を重ねる。調子は悪くなく、2番手のタイムで平中と交代する。この頃から雨はほとんど上がり、全車タイム上げていく。平中も01’57秒台に入りこのセッションは3番手で走行を終えた。 昼には雨も止んでいたが、路面は思った程乾いてこない。グリッドに並びパレードラップが開始される20分前に、大粒の雨が再び路面を濡らす。この雨によりタイヤはインターミディエイトでのスタートを選択。Wirdheimが今回もスタートを担当する。スタートして1周目に0号車SLSにパスされてしまう。しかし離されることなく、徐々にタイヤが暖まって来てからは、0号車を追い詰めていく。再び10周目に0号車を交わし、2番手に浮上すると0号車を引き離しに掛かる。この頃から路面は乾き始め、ドライタイヤに変更しドライバー交代のタイミングを見計らう。 トップを走行するのは、クラス違いと思えるほどのスピードで走る31号車。23周目に平中と交代するときには34秒以上の差が開くほどに。そこへ300クラスと500クラスの接触があり、26周目にSCが導入される。3番手を走る0号車との差も8秒近くあったが、それもリセットされる。この時オフシャルの誘導ミスにより、300クラスは周回遅れになってしまうマシンが出てしまう。 この時点で31号車はルーティーンのピット作業を行っていなかった。トップ31号車とは1分20秒差。28周目にピットオープンと同時に31号車がルーティーンのピット作業を行うためにピットへ。その後すぐにレースはリスタートされる。11号車はこの時点でトップを走行。2番手0号車とは1.6秒差。そしてなぜかピット作業を終えて出てきた31号車は4番手で復帰する。平中は0号車に32周目に、そして34周目には31号車に先行を許してしまう。0号車も40周目にはトップを明け渡してしまう。平中はそのままのポジションを守り、今期4度目の3番手でチェッカーを受け、シリーズランキングは5番手となった。 平中克幸 コメント 最終戦はなんとか勝って終わりたいと思っていましたが、結果は3位と今シーズンを象徴するかのような結果で終わってしまいました。それでも僕等ドライバーを含めチームスタッフ全員がミス無く全力で戦いました。今シーズンは全てのレースでと言っていいくらい苦戦が続きました。苦戦の中で多くを学び、吸収できたので来シーズンに、生かしたいと思います。応援して頂きありがとうございました。 B・ビルドハイム コメント 今日はチームも本当に良い仕事をしてくれたと思います。優勝をみんなにプレゼントしたかったけど叶いませんでした。タイヤもパーフェクトだったし、タイヤチョイスも素晴らしかった。ピット作業もパーフェクトだった。31号車0号車には負けてしまいましたが、表彰台にあがれましたし、十分HAPPYだと思います。もちろん優勝はしたかったですけどね。 田中哲也監督 コメント ウエットの予選、決勝でしたが、その中で11号車は予選から良くて、決勝では期待を持てたのですが、31号車PURIUSの速さは別としても、ラッキーな部分もありました。強さはありましたが、速さは劣っていたかもしれません。1年間を象徴したようなレース展開でした。そんな中でも平中、ビヨンともに非常に頑張ってくれて、粘りよく戦ってくれてたと思います。前回のオートポリスでは、残念な形で終えましたが、今回は3位表彰台でしたが、それ以上に価値がある走りだったし、今後に繋がるレースをしてくれたと思います。スタッフもピット作業も早く素晴らしい働きをしてくれたと思っています。 11号車 Rd.8 ツインリンクもてぎ フォトギャラリー>>

決勝レース 11月1日(日曜日) 入場者数:33,000人 -フリー走行9:00~9:30 雨/ウェット/気温:14度/路面温度:15度 -決勝13:40~ 曇のち晴/ウェット・ドライ/気温:20度/路面温度:19度 昨日からの雨は残り、ウエット路面殿フリー走行が開始された。 しかし徐々に予報は回復方向にあるようで、雨も降ったり止んだりを繰り返していた。 走り出しはWirdheimから。様子を見がら周回を重ねる。調子は悪くなく、2番手のタイムで平中と交代する。この頃から雨はほとんど上がり、全車タイム上げていく。平中も01’57秒台に入りこのセッションは3番手で走行を終えた。 昼には雨も止んでいたが、路面は思った程乾いてこない。グリッドに並びパレードラップが開始される20分前に、大粒の雨が再び路面を濡らす。この雨によりタイヤはインターミディエイトでのスタートを選択。Wirdheimが今回もスタートを担当する。スタートして1周目に0号車SLSにパスされてしまう。しかし離されることなく、徐々にタイヤが暖まって来てからは、0号車を追い詰めていく。再び10周目に0号車を交わし、2番手に浮上すると0号車を引き離しに掛かる。この頃から路面は乾き始め、ドライタイヤに変更しドライバー交代のタイミングを見計らう。 トップを走行するのは、クラス違いと思えるほどのスピードで走る31号車。23周目に平中と交代するときには34秒以上の差が開くほどに。そこへ300クラスと500クラスの接触があり、26周目にSCが導入される。3番手を走る0号車との差も8秒近くあったが、それもリセットされる。この時オフシャルの誘導ミスにより、300クラスは周回遅れになってしまうマシンが出てしまう。 この時点で31号車はルーティーンのピット作業を行っていなかった。トップ31号車とは1分20秒差。28周目にピットオープンと同時に31号車がルーティーンのピット作業を行うためにピットへ。その後すぐにレースはリスタートされる。11号車はこの時点でトップを走行。2番手0号車とは1.6秒差。そしてなぜかピット作業を終えて出てきた31号車は4番手で復帰する。平中は0号車に32周目に、そして34周目には31号車に先行を許してしまう。0号車も40周目にはトップを明け渡してしまう。平中はそのままのポジションを守り、今期4度目の3番手でチェッカーを受け、シリーズランキングは5番手となった。 平中克幸 コメント 最終戦はなんとか勝って終わりたいと思っていましたが、結果は3位と今シーズンを象徴するかのような結果で終わってしまいました。それでも僕等ドライバーを含めチームスタッフ全員がミス無く全力で戦いました。今シーズンは全てのレースでと言っていいくらい苦戦が続きました。苦戦の中で多くを学び、吸収できたので来シーズンに、生かしたいと思います。応援して頂きありがとうございました。 B・ビルドハイム コメント 今日はチームも本当に良い仕事をしてくれたと思います。優勝をみんなにプレゼントしたかったけど叶いませんでした。タイヤもパーフェクトだったし、タイヤチョイスも素晴らしかった。ピット作業もパーフェクトだった。31号車0号車には負けてしまいましたが、表彰台にあがれましたし、十分HAPPYだと思います。もちろん優勝はしたかったですけどね。 田中哲也監督 コメント ウエットの予選、決勝でしたが、その中で11号車は予選から良くて、決勝では期待を持てたのですが、31号車PURIUSの速さは別としても、ラッキーな部分もありました。強さはありましたが、速さは劣っていたかもしれません。1年間を象徴したようなレース展開でした。そんな中でも平中、ビヨンともに非常に頑張ってくれて、粘りよく戦ってくれてたと思います。前回のオートポリスでは、残念な形で終えましたが、今回は3位表彰台でしたが、それ以上に価値がある走りだったし、今後に繋がるレースをしてくれたと思います。スタッフもピット作業も早く素晴らしい働きをしてくれたと思っています。 11号車 Rd.8 ツインリンクもてぎ フォトギャラリー>>

READMORE

NEWS

GT300 10号車 Rd.8 ツインリンクもてぎ レースレポート&インタビュー

GT300 10号車 Rd.8 ツインリンクもてぎ レースレポート&インタビュー

全戦ポイント獲得!最終戦も6位入賞!! SUPERGT ラウンド8 予選 11月14日(土曜日) 入場者数:17,000人 ー公式練習 8:50~10:25 雨/ウェット/気温:12度/路面温度:12度 ーノックアウト予選 1回目 14:00~14:15 晴/ドライ/気温:13度/路面温度:16度 ーノックアウト予選 2回目 14:45~14:57 晴/ドライ/気温:13度/路面温度:15度 週末だけが雨という予報で、秋の寒さも徐々に深くなっていく中、最終戦もてぎ250kmレースは開催された。 チャンピオンは前回のオートポリスで決まってはいるが、やはり11号車とのW表彰台を再現したい。 走り出しはAndreCoutoから。 路面温度も低くなかなかタイヤが暖まらず、トラクションもないと話すCouto。リアの車高などを調整しセットアップを進める。 しかしまだグリップが低いせいかもしれないと、走行を続ける。 走行開始後50分で千代勝正と交代する。 千代もグリップ感が無いと訴える。 このセッションは結局19番手で走行を終えた。 雨は相変わらず振る中で、Q1開始された。Q1を担当するのはCouto。 予選開始とともにピットを離れていく。 計測3周目で01‘57.469のタイムで、暫定トップに名前を連ねる。しかし31号車は0.7秒も離してトップに浮上する。Coutoはそこからタイムを更新することは無かったが。 3番手でQ2に駒を進めた。 Q2を担当するのは千代。 オンタイムで開始され、少しウエイティングをした後、タイムアタックに入る。 500クラスのQ1の時に、徐々に強くなり始めていた雨は、Q2開始直後に雨脚がもっと強くなり始める。12分という短い時間では、タイヤもなかなか暖まらず、苦戦を強いられる。計測2周目で02‘05.277を計測し暫定7番手。雨脚もどんどん強くなり、このままタイムアップするマシンはいないと思われていたが、1周目にタイヤ交換を行っていた31号車PRIUSが02’00.602の驚異的なタイムを叩き出す。 さすがに浅溝のタイヤで、31号車のタイムを抜くことは難しく、その後61号車BR-Zが最終ラップにタイムを更新し、明日の決勝は、8番手からのスタートになった。 アンドレ・クート コメント 今朝のフリープラクティスは大変でした。スピードもグリップ感もありませんでした。 しかしQ1では、浅溝のタイヤでアタックしましたが、コンディションと凄く合っていました。 ただQ2では走り始めたときのコンディションと、アタックし始めたコンディションが変わり、8番手に留まりました。でも悲観的には思っていません。レースでは必ず上位に戻ってくるのですから。 明日は天気も回復傾向ですし、良い形で良いシーズンをフィニッシュしますよ。 千代勝正 コメント Q1はAndre選手が雨の少ない中で、3番手のタイムを出してQ2に繋いでくれて裁定でも3番手以内に入ろうと思っていたのですが、僕が走り始めてから雨が強くなり始め、自分たちが選んだ浅溝タイヤとはマッチしなくて、タイムを出すには非常に厳しい状況でした。 タイヤが暖まってアタックするタイミングでの雨が多くなってしまい、ハイドロも多くなってしまい、タイムアップは難しい状況になってしまいました。タイムを出せるコンディションにならなかった事は残念でしたが、明日に向けては天候も回復傾向でしたし、テストでも良い感触を掴んでいるので、ポジティブに考えて明日の決勝は追い上げられるように頑張ります。 次ページ・決勝レポート&インタビュー>>

全戦ポイント獲得!最終戦も6位入賞!! SUPERGT ラウンド8 予選 11月14日(土曜日) 入場者数:17,000人 ー公式練習 8:50~10:25 雨/ウェット/気温:12度/路面温度:12度 ーノックアウト予選 1回目 14:00~14:15 晴/ドライ/気温:13度/路面温度:16度 ーノックアウト予選 2回目 14:45~14:57 晴/ドライ/気温:13度/路面温度:15度 週末だけが雨という予報で、秋の寒さも徐々に深くなっていく中、最終戦もてぎ250kmレースは開催された。 チャンピオンは前回のオートポリスで決まってはいるが、やはり11号車とのW表彰台を再現したい。 走り出しはAndreCoutoから。 路面温度も低くなかなかタイヤが暖まらず、トラクションもないと話すCouto。リアの車高などを調整しセットアップを進める。 しかしまだグリップが低いせいかもしれないと、走行を続ける。 走行開始後50分で千代勝正と交代する。 千代もグリップ感が無いと訴える。 このセッションは結局19番手で走行を終えた。 雨は相変わらず振る中で、Q1開始された。Q1を担当するのはCouto。 予選開始とともにピットを離れていく。 計測3周目で01‘57.469のタイムで、暫定トップに名前を連ねる。しかし31号車は0.7秒も離してトップに浮上する。Coutoはそこからタイムを更新することは無かったが。 3番手でQ2に駒を進めた。 Q2を担当するのは千代。 オンタイムで開始され、少しウエイティングをした後、タイムアタックに入る。 500クラスのQ1の時に、徐々に強くなり始めていた雨は、Q2開始直後に雨脚がもっと強くなり始める。12分という短い時間では、タイヤもなかなか暖まらず、苦戦を強いられる。計測2周目で02‘05.277を計測し暫定7番手。雨脚もどんどん強くなり、このままタイムアップするマシンはいないと思われていたが、1周目にタイヤ交換を行っていた31号車PRIUSが02’00.602の驚異的なタイムを叩き出す。 さすがに浅溝のタイヤで、31号車のタイムを抜くことは難しく、その後61号車BR-Zが最終ラップにタイムを更新し、明日の決勝は、8番手からのスタートになった。 アンドレ・クート コメント 今朝のフリープラクティスは大変でした。スピードもグリップ感もありませんでした。 しかしQ1では、浅溝のタイヤでアタックしましたが、コンディションと凄く合っていました。 ただQ2では走り始めたときのコンディションと、アタックし始めたコンディションが変わり、8番手に留まりました。でも悲観的には思っていません。レースでは必ず上位に戻ってくるのですから。 明日は天気も回復傾向ですし、良い形で良いシーズンをフィニッシュしますよ。 千代勝正 コメント Q1はAndre選手が雨の少ない中で、3番手のタイムを出してQ2に繋いでくれて裁定でも3番手以内に入ろうと思っていたのですが、僕が走り始めてから雨が強くなり始め、自分たちが選んだ浅溝タイヤとはマッチしなくて、タイムを出すには非常に厳しい状況でした。 タイヤが暖まってアタックするタイミングでの雨が多くなってしまい、ハイドロも多くなってしまい、タイムアップは難しい状況になってしまいました。タイムを出せるコンディションにならなかった事は残念でしたが、明日に向けては天候も回復傾向でしたし、テストでも良い感触を掴んでいるので、ポジティブに考えて明日の決勝は追い上げられるように頑張ります。 次ページ・決勝レポート&インタビュー>>

READMORE

NEWS一覧ヘ

DRIVER BLOG

フロントビュー

DRIVER BLOG

フロントビュー

フロントビュー

READMORE

エンジンスタート

movie play mark

DRIVER BLOG

エンジンスタート

エンジンスタート

READMORE

Driver blog一覧ヘ

TEAM BLOG

Mercedes-AMG GT3シェイクダウンまとめ!

movie play mark

TEAM BLOG

Mercedes-AMG GT3シェイクダウンまとめ!

Mercedes-AMG GT3シェイクダウンまとめ!

READMORE

シェイクダウン終了〜!

TEAM BLOG

シェイクダウン終了〜!

シェイクダウン終了〜!

READMORE

TEAM blog一覧ヘ

SCHEDULE

SCHEDULE RESULTSCHEDULE RESULT

RESULT

ROUND.8

GT300

MOTEGI

QUALIFYQF

NO.11 2ND

NO.10 8TH

RACE

NO.11 3RD

NO.10 6TH

SCHEDULE NEXT RACESCHEDULE NEXT RACE

NEXT RACE

round.1

GT300

OKAYAMA
QUALIFY
2016.4.9
RACE
2016.4.10
SCHEDULE一覧ヘ

GALLERY

GALLERYGALLERY

シェイクダウン終了

GALLERY

シェイクダウン終了

movie play mark

シェイクダウンピットから

GALLERY

シェイクダウンピットから

とりあえず

GALLERY

とりあえず

シェイクダウン

GALLERY

シェイクダウン

GALLERY一覧ヘ